必見!お金で買えない価値がある、お金の話

学生が借金を背負う奨学金

最近問題視されてきているのが、学生の奨学金制度です。奨学金と聞くと、無償で提供してくれるお金というイメージを持ちますが、実は大学生が利用している奨学金の多くは借金となってしまっているようです。本来の意味である無償で学生にお金を提供する制度もあるには有りますが、ほとんどは後払い制度と言うものを利用してしまっているのです。奨学金と言う名前が付くと、何となくお得と感じてしまったり、借金という印象は少ない事も問題かもしれません。
最近奨学金が問題となってきたのは、学生の多くが支払を滞っているからだそうです。年々滞納額は増加していく傾向が見られており、学生は少ない給料で支払うのが難しい事も多いようです。滞納者数は右肩上がりに増えてしまっています。実際の借金の額は100万円〜300万円などそれほど高額では無いのですが、それでも社会に出たばかりの学生が支払うには少し負担が大きすぎるのでしょう。通常の借金と一緒で、滞納が続けばブラックリストに載ってしまうこともありますし、支払の催促も行なわれることになります。奨学金と言う名前とは程遠いほど、支払義務は厳しいものなのです。
また、中には大学生の頃の生活費も借りて、卒業と同時に1000万円近い借金を背負う若者も居るようです。

関連情報

$cache_time ) { // キャッシュが存在しない or ファイルが小さすぎる or 古すぎるので再度ダウンロード $data = file($url); // 新規キャッシュファイルを作成 $fp = fopen($cache_file, "w"); flock($fp, LOCK_EX); foreach ($data as $key => $value) { fprintf($fp, "%s", $value); } flock($fp, LOCK_UN); fclose($fp); } else { // キャッシュが有効な場合は内容を配列として読み込む $data = file($cache_file); } // 乱数列初期化 srand(time()); // $dataの要素を乱数で並べ替え shuffle($data); // $dataの先頭要素を表示 for ($i=0; $i<=10; $i++){ echo $data[$i]; } ?>