お金が無いと言う口癖の問題

お金が無いと言う口癖の問題

お金が無い人にとっては、毎日お金が無いとついつい口に出してしまいますよね。毎月発生する支払に対し、収入が少なければそう思ってしまうのは仕方が無いことなのでしょう。しかし、お金が無くても口に出してしまうのは、更なるお金が無い状況を引き出している事も有るそうですよ。
お金が無いと言う事は、脳に無意識のうちに刷り込みを行なっている事と同じだと言われています。脳は言葉を純粋に理解してしまうようで、今お金が無いのか将来お金が無いのかは分からないと言います。結果的にお金が無いという状況を作ってしまうのだとか。例えば無意識のうちに無駄な消費を繰り返していたり、クレジットカードなど借金を多く作ってしまい、お金が無い状況が出来てしまったりします。脳はそのままの言葉を理解して、それを行動に起こそうとしてしまうのです。人が意識できない部分で働くため、自分自身がお金の無い状況を作り出しているのかもしれません。
お金が無い人はお金はたくさんあるというイメージを作る事が大事だと言われています。また、お金に対して常に感謝すると、良いイメージが付きやすく、結局は自分に返ってくることになります。お金を丁寧に管理すれば、結果的には自分でお金使いをコントロールできるようになると言うわけですね。