ネットバンクの不正利用は保護無し

ネットバンクの不正利用は保護無し

最近はネットバンクを利用している方も多いのでは無いでしょうか。しかし、それに伴い増えているのが、ネットバンクによる不正利用です。第三者が勝手に引き出してしまったり、送金されたりする被害が後を経ちません。ネットバンクを採用している銀行側も色々と工夫してはいますが、それでも不正利用は減る事は無いのです。また、気をつけなければならないのが、ネットバンクでの不正利用には法的保護の対象外なんだそうです。万が一第三者に不正に利用されてしまっても、銀行側がそれを補償する必要は無いと言うことなのです。銀行によっては対処してくれる所はあっても、それが法的に義務付けられているわけではないのです。
つまり、個人でも不正に利用されない措置は行なう必要があると言うことです。IDやパスワードが予想できるようなものを使っていたり、パソコンから盗み出されてしまえば、自己責任となる可能性があります。銀行がハッキングされてこれらを盗み出され、不正に引き出したなら別ですが、個人のパソコンでの問題があれば銀行は保護する対象外となるわけです。
利用者が自分のネットバンクの口座を保護する措置をしてなければ、不正に引き出されたとしてもお金が返ってこない事もあるため注意しましょう。